たまりば

  パソコン・インターネット パソコン・インターネット  三鷹市 三鷹市

キーボード打鍵速度比較
2009年10月13日 03:43

キーボードの使いやすさを調べるためにいろいろなキーボードで同じ文章を打って所要時間を調べることを思い立った。
使う文章の選定が難しい。それなりの長さがあって、かつ出先で打つことも考えているので暗記していないといけない。
暗記している文章ということでなんらかの歌の歌詞がいいだろうと思って色々考えたが、とりあえず日本国憲法前文の後半を使うことにした。
「日本国憲法前文の歌」というものがあってこれで覚えたのだ。なお後半だけなのはこの歌でメロディーがついているのが後半だけだから。
打つ際には無変換でひらがなを入力し、句読点は除き、文の切れ目で改行した。
にほんこくみんはこうきゅうのへいわをねんがんしにんげんそうごのかんけいをしはいするすうこうなりそうをふかくじかくするのであってへいわをあいするしょこくみんのこうせいとしんぎにしんらいしてわれらのあんぜんとせいぞんをほじしようとけついした
われらはへいわをいじしせんせいとれいじゅうあっぱくとへんきょうをちじょうからえいえんにじょきょうしようとつとめているこくさいしゃかいにおいてめいよあるちいをしめたいとおもう
われらはぜんせかいのこくみんがひとしくきょうふとけつぼうからまぬかれへいわのうちにせいぞんするけんりをゆうすることをかくにんする
われらはいずれのこっかもじこくのことのみにせんねんしてたこくをむししてはならないのであってせいじどうとくのほうそくはふへんてきなものでありこのほうそくにしたがうことはじこくのしゅけんをいじしたこくとたいとうかんけいにたとうとするかっこくのせきむであるとしんずる
にほんこくみんはこっかのめいよにかけぜんりょくをあげてこのすうこうなりそうともくてきをたっせいすることをちかう
といった具合だ。

試しに家にある各種キーボードで打ってみたところ、以下のようになった。
◆デスクトップの普通のキーボード (キーピッチ19mm)
2:02.24
これが基準。
◆EeePC (15.9mm)
2:15.73
わずかに遅くなった。打鍵にストレスは感じない。
◆Jornada680 (13.15mm)
2:17.68
こちらも差はわずか。ただしとても疲れる。
PocketBoardPURE (10.5mm)
3:41.14
さすがに大差。疲れはJornadaより少ない気がする。

まともなキーボードでないPocketBoardPUREを除けば意外なほど差がつかなかった。
デスクトップで何度か打っている中で2分半くらいから約2分まで短縮したことを考えると、10秒程度の差は測定誤差といってもいいだろう。つまり、キーピッチが狭くてもタッチタイプができる限りは打鍵速度はさほど変わらないようだ。
その代わり狭いキーボードは疲れるということが分かった。ただこれに関しても、今回は全速で打ったので疲れたが、普段使うときに常に全速なわけではないのでさほど問題にならないかもしれない。

今後NetWalkerとか工人舎のPMとかをチェックしてみたい。
あと、記号とかも含んだ文章でも試してみたい。今の文は「ー」すらも入っていないのでアルファベット部しか使っていないが、この部分は大抵どのキーボードでも同じ配列なので差が出ない。

タグ :メカ

  • Post time : 2009年10月13日 03:43│Comments(0)
    URL欄を実験的に消してる間に廃止されてしまいました。まあいいか。
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    キーボード打鍵速度比較
      コメント(0)