たまりば

  パソコン・インターネット パソコン・インターネット  三鷹市 三鷹市

Pocket Board PURE
2009年09月09日 03:30

昨日HardOffのジャンクコーナーでPocket Board PUREという機械を買いました。検索用にカタカナで書くとポケットボードピュアです。
こんなやつです。
PocketBoardPURE_上面
中をあけるとこんな感じ。
PocketBoardPURE_中
見ての通り、キーボードと画面があります。
ということは文字を打って表示して、あわよくば保存できそうな気がしますね。すなわちポメラ的な使い方ができそうな。
店で見かけて気になったので、家に帰ってきてググってみました。すると一応文字打って保存はできそうな感じです。というわけで再度出かけて買ってきました。
(ちなみに前機種のPocketBoardは書きかけのメールを保存しておくことができないそうだ。書いたメモを編集できないということでメモ用途には向かない。)

で、まあ本来の使い方は、上面のDoCoMoロゴとか中のケーブルからして分かるように、携帯(ドコモ限定)に繋いでメールを送るというものです。
なのでメモ用途に使うには多少問題も多いのですが、まあ値段が値段なので何でも許せます。
まずメールを書こうとしたら、いろいろ設定が済んでないと怒られました。アクセスポイントやら携帯番号やらいろいろ登録しなきゃいけないようです。
仕方がないので「0000000000」(10桁!)とか、「a」とか「あ」とかそんな感じで登録。
メールアドレス「a」の「あ」さんに送るメールを書くとします。
ここで本文を打つ前に件名を入力せねばならず、なかなか手間を取らせます。件名も「あ」でいいや。

さてやっと本文。本文を打つ画面はこうなっています。
PocketBoardPURE_画面
入力欄は全角で横25文字の縦5文字。まあ十分かな。フォントは12px固定で、ちょっと小さめだけど漢字は十分読めるレベル。ただ字が横幅いっぱいにデザインされているので複雑な字は隣の字とくっついて読みにくいのが残念。半濁点が読みやすいのには好感。

漢字変換のインターフェイスはこんな感じ。
PocketBoardPURE_漢字変換
一語づつしか変換できない点では低性能だが、そのほかの面では特に問題はない。候補選択はPCで変換するのと同様に、スペースキーや変換キーで変換し、さらに何度か押すか、あるいは上下キーで候補が切り替わる。変換対象の選択は左右キーだ。
どうもこれの前の機種の「PocketBoard」では候補選択が矢印キーでしかできず面倒だったらしい。

そしてこのブログとしては何をおいても書かなきゃならないのがキーボード。大きめの画像を置いておくのでまずは見てほしい。
PocketBoardPURE_キーボード
なんとこの小ささでQWERTY48キーを完備している。これはとても気に入った。何度も書いているが自分はキーの大きさを確保するためにキーを減らすキーボードは嫌いだ。
キーピッチは10.5mmと狭く、さすがにタッチタイプは少々きつい。不可能ではないが、相当がんばらないと途中で打つキーがずれてしまう。
あとこのキーボードは文字の割り当てが少々特殊だ。右下の\キーでは「\」が、右上の¥キーでは「¥」が出たり、Shift+^が~でなく ̄だったりする。半角では右下の\キーは何も出ない。Shfit+^とShift+0は両方「¯」で、「~」はどのキーでも出せない。あとキートップを見ると♥や☎といった記号が見えるが、これらの出し方は分からなかった。
絵文字は別に出せるのだが、不思議なことにデザインが昔使っていたシャープの電子手帳のものとまるっきり一緒である。この機械はシチズン製である。絵文字の画像はまた今度。


さて、折角なのでポメラと機能を比較してみよう。スペックはこのページが参考になる。
http://www.mobilenews.ne.jp/news/1999/04/0401nttd.html
以下PocketBoardPUREをPBと略す。
電源は単4×2。ポメラと同じ。駆動時間はPB26時間に対しポメラ20時間。計測方法の差もあるだろうが一応勝ち。
本体サイズも明らかにPBの方が小さい。一応折りたたみ時のポメラと比べると横幅はあるが、開いた状態で比べれば勝つ。
起動時間は10秒ほど。それに加えて、メールボックスをメモ置き場代わりにしている関係上、そこに行くまでの時間が2、3秒かかってしまう。さすがにポメラの2秒には太刀打ちできないが、ミニPCの立ち上げ時間には余裕で勝てそうである。
漢字変換機能は言うまでもなく負け。これでも前機種のPocketBoardよりは改善されたらしいのだが…。
キーボードは、もちろん打鍵感は最悪であるが、ポメラとは大きさが全く違う以上単純に比べるわけにはいかない。この大きさなら許容範囲ではないかと思う。
そしてPBの最大の問題点は、PCと繋げないという事である。文字を打つのはいいが他の機器に移動できないのでは使い勝手が悪い。謎の端子(どうやらRS-232C)があるが、使い方は不明である。転送用のソフトが市販されていたという情報があるが、買う気はしないし現在売っている気もしない。携帯(DoCoMoのみ。さらにMOVAのみという噂も)と繋げられればまだ使い道があるが、残念ながら私の携帯はauである。
もっともこのキーボードと漢字変換で長文を書くつもりもないので、書き写すのでも問題ないかもしれない。

まあそんなこんなで、それなりに使い物になるんではないかなーという気がしています。

おまけ。HardOffではオリジナルブランドの電池を売ってるんですね。考えてみれば需要はあるもんなあ。


  • Post time : 2009年09月09日 03:30│Comments(0)
    URL欄を実験的に消してる間に廃止されてしまいました。まあいいか。
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    Pocket Board PURE
      コメント(0)