たまりば

  パソコン・インターネット パソコン・インターネット  三鷹市 三鷹市

+"Google"
2011年01月19日 02:02

Google検索のテクニックとして次のようなものを見聞きしたことはないだろうか。
複数の単語をスペースで区切って検索すると、全ての単語を含むページが検索できます。
大嘘である。

スペースで区切らなくても勝手に区切られるし、「ページ自体に含まれないがそのページへのリンクに含まれる単語」も検索の対象になっている。
さらに、主に欧米語に対しては活用形まで検索されてしまう。
これらが便利だと思う人もいるのかもしれないが、私は殺意を覚えるほど嫌いだ。
なのでこれらの邪魔機能を切って検索するためのJavaScriptを作ってみた。
仕組みは単純で、渡された文字列を"~"で括った上で+を付けたものをGoogleに投げるだけである。
メモ帳にコピペして拡張子をhtmlで保存してブラウザに放り込めば使える。

少々付け加えたい機能があるのでそのうちバージョンアップするかもしれない。
<form name="f" onsubmit="submitForm();return false">
<input type="text" size="100" name="query"></input><br>
<input type="submit" value="+&quot;Google検索&quot"></form>

<script type="text/javascript">
function submitForm(){
var form = document.createElement("form");
document.body.appendChild(form);
var input = document.createElement("input");
input.setAttribute("type", "hidden");
input.setAttribute("name", "q");
input.setAttribute("value", quote(document.f.query.value.replace(" "," ")) );
form.appendChild(input);
form.setAttribute("action", "http://www.google.co.jp/search");
form.setAttribute("method", "get");
form.submit();
}
function quote(str){
var str2=str.split("\"");
var temp="";
var i=0;
while(1){
if(i<str2.length){
if(str2[i].length!=0){
temp+=quotesub(str2[i]);
}
i++;
}
else{
break;
}
if(i<str2.length){
if(str2[i].length!=0){
temp+="+\""+str2[i]+"\" ";
}
i++;
}
else{
break;
}
}
return temp;
}
function quotesub(str){
var str2=str.split(" ");
var temp="";
for(var i=0;i<str2.length;i++){
if(str2[i].length!=0){
if(str2[i].charAt(0)=='-'){
temp+=str2[i]+" ";
}
else{
temp+="+\""+str2[i]+"\" ";
}
}
}
return temp;
}
</script>
</body>
</html>


  • Post time : 2011年01月19日 02:02│Comments(0)
    URL欄を実験的に消してる間に廃止されてしまいました。まあいいか。
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    +"Google"
      コメント(0)