たまりば

  パソコン・インターネット パソコン・インターネット  三鷹市 三鷹市

PICはじめました。
2010年05月16日 05:59

PIC12F510
はじめました。去年の12月ごろに。
PICというのはマイクロチップ社の作っているマイコンです。

以前からなんとなくマイコンやりたいなーと思っていて、CQ出版の雑誌に付録が付いた時には買っていたのですが、
CQ出版の雑誌
封も切らずに本棚の肥やしになっていたり、サンプルプログラムを走らせただけだったりしてました。
唯一自分で書いたプログラムはLED点滅だけ。
なんでかなーと考えてみると、高機能すぎて何やっていいか分からないのと、必要な外付け部品に結構金がかかるのが原因な気がします。
「とりあえずマイコン始めたい」という欲求にはこの辺のは向かないのかなと、今になって思います。

一方、PICは低機能で安価なので初めてのマイコンに向いています。
高機能なマイコンはふつうC言語などの高級言語でプログラミングするので中で何をやっているか分からず、いまいち「マイコンをやっている」感に乏しいのですが、PICなら命令が35個しかないので簡単にアセンブラで書けます。むしろC言語で書くのが困難です。
まあこれは普通は欠点というのだと思いますが、別に実用的なものを作るのが目的ではなくマイコンで遊びたいだけなので、こっちの方が楽しめます。
そしてなんといっても安い。今一番安い石は1個60円です。ライター(書き込み装置)に金がかかりますが、自作すれば数百円で済みます。

なおこの辺を読むに、
いますぐPICをやめてAVRに移行すべき10の理由
PICを捨ててAVRを使おう
どうもPICよりAVRの方が圧倒的に優れているように感じます。
が、まず最初のマイコンとしてはPICを選んで間違いではなかったと思います。ここに書いてある事の大半は実際にPICをやってみて初めて理解できたので。

AVRも使ってみたいので、そうしたら自分なりの比較記事を書くと思います。

タグ :マイコン

  • Post time : 2010年05月16日 05:59│Comments(0)
    URL欄を実験的に消してる間に廃止されてしまいました。まあいいか。
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    PICはじめました。
      コメント(0)