たまりば

  パソコン・インターネット パソコン・インターネット  三鷹市 三鷹市

Google日本語入力でアイヌ語入力
2010年04月29日 18:25

以前、アイヌ語用など特殊カタカナのローマ字変換方法について考えたことがある。→ローマ字入力考
が、考えてはみたものの作る技術がなかったのでそのまま放ったらかしになっていた。

そんな中Google日本語入力にローマ字変換テーブルをいじれる機能がついたというので色々試してみたのが、これが凄い。自由度が凄まじく高いのだ。
どういう事かというと、MS-IMEでは入力はA-Z、出力はひらがな限定である。
それがGoogle日本語入力では、入力も出力も任意のUnicode文字を使える。

出力が任意Unicode文字というのはつまりその気になれば「a→東京特許許可局」であるとか、「b→안녕하세요」であるとかの変換も出来るということだ。
勘違いしないでいただきたいが、かな漢字変換ではない。ローマ字かな変換の時点でこの出力が出るのだ。
「A」のキーを押すと「東京特許許可局」という未確定文字列が出て、さらにスペースを押すとかな漢字変換で「東京特許許可局長今日急遽休暇許可拒否」に変換するといったことも出来る。

入力の方は、最初の入力は当然キーボードから打てるASCII文字に限られてしまうのだが、ここで裏技がある。
設定画面を見ると、「次の入力」という欄がある。
ローマ字テーブル設定
これは本来は促音を扱うためのものだと思われる。つまりTTと打つと「っ」が出力されて、その次の入力のために「t」が1個残る。この残る「t」が「次の入力」である。
この欄には英字に限らずどんな文字でも入れられるので、ここに入れた文字を「入力」の欄に使えば、どんな文字でも入力として扱えるというわけだ。
つまり
入力出力次の入力
k
ㄱa
と書いておけば、最初に「K」を打った時点で「ㄱ」が表示され、次の「A」で「가」が入力出来る。
うまくやればハングル入力をするのに使うのも可能だろう。テーブルのエントリー数が多すぎてまともに動くか不安なのであまりやりたいとは思わないが。

-----

さてそんなわけで、これを使うと前述のアイヌカナ入力が実現できる事に気づいたので早速作ってみた。
以下がそれだ。
-	ー
~ 〜
. 。
, 、
z/ ・
z. …
z, ‥
zh ←
zj ↓
zk ↑
zl →
z- 〜
z[ 『
z] 』
[ 「
] 」
va ゔぁ
var ゔぁ ㇻ
vah ゔぁ ㇵ
vi ゔぃ
vir ゔぃ ㇼ
vih ゔぃ ㇶ
vu ゔ
vur ゔ ㇽ
vuh ゔ ㇷ
ve ゔぇ
ver ゔぇ ㇿ
veh ゔぇ ㇸ
vo ゔぉ
vor ゔぉ ㇿ
voh ゔぉ ㇹ
vya ゔゃ
vyar ゔゃ ㇻ
vyah ゔゃ ㇵ
vyi ゔぃ
vyir ゔぃ ㇼ
vyih ゔぃ ㇶ
vyu ゔゅ
vyur ゔゅ ㇽ
vyuh ゔゅ ㇷ
vye ゔぇ
vyer ゔぇ ㇿ
vyeh ゔぇ ㇸ
vyo ゔょ
vyor ゔょ ㇿ
vyoh ゔょ ㇹ
qq っ q
vv っ v
ll っ l
ㇰk っ k
gg っ g
ㇲs っ s
zz っ z
jj っ j
ㇳt っ t
dd っ d
ㇷh っ h
ff っ f
bb っ b
pp っ p
ㇺm っ m
yy っ y
ㇽr っ r
wwa っわ
wwar っわ ㇻ
wwah っわ ㇵ
wwi っうぃ
wwir っうぃ ㇼ
wwih っうぃ ㇶ
wwu っう
wwur っう ㇽ
wwuh っう ㇷ
wwe っうぇ
wwer っうぇ ㇿ
wweh っうぇ ㇸ
wwo っを
wwor っを ㇿ
wwoh っを ㇹ
wwyi っゐ
wwyir っゐ ㇼ
wwyih っゐ ㇶ
wwye っゑ
wwyer っゑ ㇿ
wwyeh っゑ ㇸ
wwha っうぁ
wwhar っうぁ ㇻ
wwhah っうぁ ㇵ
wwhi っうぃ
wwhir っうぃ ㇼ
wwhih っうぃ ㇶ
wwhu っう
wwhur っう ㇽ
wwhuh っう ㇷ
wwhe っうぇ
wwher っうぇ ㇿ
wwheh っうぇ ㇸ
wwho っうぉ
wwhor っうぉ ㇿ
wwhoh っうぉ ㇹ
cc っ c
ㇰya きゃ
ㇰyar きゃ ㇻ
ㇰyah きゃ ㇵ
ㇰyi きぃ
ㇰyir きぃ ㇼ
ㇰyih きぃ ㇶ
ㇰyu きゅ
ㇰyur きゅ ㇽ
ㇰyuh きゅ ㇷ
ㇰye きぇ
ㇰyer きぇ ㇿ
ㇰyeh きぇ ㇸ
ㇰyo きょ
ㇰyor きょ ㇿ
ㇰyoh きょ ㇹ
gya ぎゃ
gyar ぎゃ ㇻ
gyah ぎゃ ㇵ
gyi ぎぃ
gyir ぎぃ ㇼ
gyih ぎぃ ㇶ
gyu ぎゅ
gyur ぎゅ ㇽ
gyuh ぎゅ ㇷ
gye ぎぇ
gyer ぎぇ ㇿ
gyeh ぎぇ ㇸ
gyo ぎょ
gyor ぎょ ㇿ
gyoh ぎょ ㇹ
ㇲya しゃ
ㇲyar しゃ ㇻ
ㇲyah しゃ ㇵ
ㇲyi しぃ
ㇲyir しぃ ㇼ
ㇲyih しぃ ㇶ
ㇲyu しゅ
ㇲyur しゅ ㇽ
ㇲyuh しゅ ㇷ
ㇲye しぇ
ㇲyer しぇ ㇿ
ㇲyeh しぇ ㇸ
ㇲyo しょ
ㇲyor しょ ㇿ
ㇲyoh しょ ㇹ
ㇱa しゃ
ㇱar しゃ ㇻ
ㇱah しゃ ㇵ
ㇱi し
ㇱir し ㇼ
ㇱih し ㇶ
ㇱu しゅ
ㇱur しゅ ㇽ
ㇱuh しゅ ㇷ
ㇱe しぇ
ㇱer しぇ ㇿ
ㇱeh しぇ ㇸ
ㇱo しょ
ㇱor しょ ㇿ
ㇱoh しょ ㇹ
zya じゃ
zyar じゃ ㇻ
zyah じゃ ㇵ
zyi じぃ
zyir じぃ ㇼ
zyih じぃ ㇶ
zyu じゅ
zyur じゅ ㇽ
zyuh じゅ ㇷ
zye じぇ
zyer じぇ ㇿ
zyeh じぇ ㇸ
zyo じょ
zyor じょ ㇿ
zyoh じょ ㇹ
ㇳya ちゃ
ㇳyar ちゃ ㇻ
ㇳyah ちゃ ㇵ
ㇳyi ちぃ
ㇳyir ちぃ ㇼ
ㇳyih ちぃ ㇶ
ㇳyu ちゅ
ㇳyur ちゅ ㇽ
ㇳyuh ちゅ ㇷ
ㇳye ちぇ
ㇳyer ちぇ ㇿ
ㇳyeh ちぇ ㇸ
ㇳyo ちょ
ㇳyor ちょ ㇿ
ㇳyoh ちょ ㇹ
cha ちゃ
char ちゃ ㇻ
chah ちゃ ㇵ
chi ち
chir ち ㇼ
chih ち ㇶ
chu ちゅ
chur ちゅ ㇽ
chuh ちゅ ㇷ
che ちぇ
cher ちぇ ㇿ
cheh ちぇ ㇸ
cho ちょ
chor ちょ ㇿ
choh ちょ ㇹ
cya ちゃ
cyar ちゃ ㇻ
cyah ちゃ ㇵ
cyi ちぃ
cyir ちぃ ㇼ
cyih ちぃ ㇶ
cyu ちゅ
cyur ちゅ ㇽ
cyuh ちゅ ㇷ
cye ちぇ
cyer ちぇ ㇿ
cyeh ちぇ ㇸ
cyo ちょ
cyor ちょ ㇿ
cyoh ちょ ㇹ
dya ぢゃ
dyar ぢゃ ㇻ
dyah ぢゃ ㇵ
dyi ぢぃ
dyir ぢぃ ㇼ
dyih ぢぃ ㇶ
dyu ぢゅ
dyur ぢゅ ㇽ
dyuh ぢゅ ㇷ
dye ぢぇ
dyer ぢぇ ㇿ
dyeh ぢぇ ㇸ
dyo ぢょ
dyor ぢょ ㇿ
dyoh ぢょ ㇹ
ㇳsa つぁ
ㇳsar つぁ ㇻ
ㇳsah つぁ ㇵ
ㇳsi つぃ
ㇳsir つぃ ㇼ
ㇳsih つぃ ㇶ
ㇳse つぇ
ㇳser つぇ ㇿ
ㇳseh つぇ ㇸ
ㇳso つぉ
ㇳsor つぉ ㇿ
ㇳsoh つぉ ㇹ
ㇳha てゃ
ㇳhar てゃ ㇻ
ㇳhah てゃ ㇵ
ㇳhi てぃ
ㇳhir てぃ ㇼ
ㇳhih てぃ ㇶ
ㇳ'i てぃ
ㇳ'ir てぃ ㇼ
ㇳ'ih てぃ ㇶ
ㇳhu てゅ
ㇳhur てゅ ㇽ
ㇳhuh てゅ ㇷ
ㇳhe てぇ
ㇳher てぇ ㇿ
ㇳheh てぇ ㇸ
ㇳho てょ
ㇳhor てょ ㇿ
ㇳhoh てょ ㇹ
ㇳ'yu てゅ
ㇳ'yur てゅ ㇽ
ㇳ'yuh てゅ ㇷ
dha でゃ
dhar でゃ ㇻ
dhah でゃ ㇵ
dhi でぃ
dhir でぃ ㇼ
dhih でぃ ㇶ
d'i でぃ
d'ir でぃ ㇼ
d'ih でぃ ㇶ
dhu でゅ
dhur でゅ ㇽ
dhuh でゅ ㇷ
dhe でぇ
dher でぇ ㇿ
dheh でぇ ㇸ
dho でょ
dhor でょ ㇿ
dhoh でょ ㇹ
d'yu でゅ
d'yur でゅ ㇽ
d'yuh でゅ ㇷ
ㇳwa とぁ
ㇳwar とぁ ㇻ
ㇳwah とぁ ㇵ
ㇳwi とぃ
ㇳwir とぃ ㇼ
ㇳwih とぃ ㇶ
ㇳwu とぅ
ㇳwur とぅ ㇽ
ㇳwuh とぅ ㇷ
ㇳwe とぇ
ㇳwer とぇ ㇿ
ㇳweh とぇ ㇸ
ㇳwo とぉ
ㇳwor とぉ ㇿ
ㇳwoh とぉ ㇹ
ㇳ'u とぅ
ㇳ'ur とぅ ㇽ
ㇳ'uh とぅ ㇷ
dwa どぁ
dwar どぁ ㇻ
dwah どぁ ㇵ
dwi どぃ
dwir どぃ ㇼ
dwih どぃ ㇶ
dwu どぅ
dwur どぅ ㇽ
dwuh どぅ ㇷ
dwe どぇ
dwer どぇ ㇿ
dweh どぇ ㇸ
dwo どぉ
dwor どぉ ㇿ
dwoh どぉ ㇹ
d'u どぅ
d'ur どぅ ㇽ
d'uh どぅ ㇷ
nya にゃ
nyar にゃ ㇻ
nyah にゃ ㇵ
nyi にぃ
nyir にぃ ㇼ
nyih にぃ ㇶ
nyu にゅ
nyur にゅ ㇽ
nyuh にゅ ㇷ
nye にぇ
nyer にぇ ㇿ
nyeh にぇ ㇸ
nyo にょ
nyor にょ ㇿ
nyoh にょ ㇹ
ny んy
ㇷya ひゃ
ㇷyar ひゃ ㇻ
ㇷyah ひゃ ㇵ
ㇷyi ひぃ
ㇷyir ひぃ ㇼ
ㇷyih ひぃ ㇶ
ㇷyu ひゅ
ㇷyur ひゅ ㇽ
ㇷyuh ひゅ ㇷ
ㇷye ひぇ
ㇷyer ひぇ ㇿ
ㇷyeh ひぇ ㇸ
ㇷyo ひょ
ㇷyor ひょ ㇿ
ㇷyoh ひょ ㇹ
bya びゃ
byar びゃ ㇻ
byah びゃ ㇵ
byi びぃ
byir びぃ ㇼ
byih びぃ ㇶ
byu びゅ
byur びゅ ㇽ
byuh びゅ ㇷ
bye びぇ
byer びぇ ㇿ
byeh びぇ ㇸ
byo びょ
byor びょ ㇿ
byoh びょ ㇹ
pya ぴゃ
pyar ぴゃ ㇻ
pyah ぴゃ ㇵ
pyi ぴぃ
pyir ぴぃ ㇼ
pyih ぴぃ ㇶ
pyu ぴゅ
pyur ぴゅ ㇽ
pyuh ぴゅ ㇷ
pye ぴぇ
pyer ぴぇ ㇿ
pyeh ぴぇ ㇸ
pyo ぴょ
pyor ぴょ ㇿ
pyoh ぴょ ㇹ
fa ふぁ
far ふぁ ㇻ
fah ふぁ ㇵ
fi ふぃ
fir ふぃ ㇼ
fih ふぃ ㇶ
fu ふ
fur ふ ㇽ
fuh ふ ㇷ
fe ふぇ
fer ふぇ ㇿ
feh ふぇ ㇸ
fo ふぉ
for ふぉ ㇿ
foh ふぉ ㇹ
fya ふゃ
fyar ふゃ ㇻ
fyah ふゃ ㇵ
fyu ふゅ
fyur ふゅ ㇽ
fyuh ふゅ ㇷ
fyo ふょ
fyor ふょ ㇿ
fyoh ふょ ㇹ
ㇷwa ふぁ
ㇷwar ふぁ ㇻ
ㇷwah ふぁ ㇵ
ㇷwi ふぃ
ㇷwir ふぃ ㇼ
ㇷwih ふぃ ㇶ
ㇷwe ふぇ
ㇷwer ふぇ ㇿ
ㇷweh ふぇ ㇸ
ㇷwo ふぉ
ㇷwor ふぉ ㇿ
ㇷwoh ふぉ ㇹ
ㇷwyu ふゅ
ㇷwyur ふゅ ㇽ
ㇷwyuh ふゅ ㇷ
ㇺya みゃ
ㇺyar みゃ ㇻ
ㇺyah みゃ ㇵ
ㇺyi みぃ
ㇺyir みぃ ㇼ
ㇺyih みぃ ㇶ
ㇺyu みゅ
ㇺyur みゅ ㇽ
ㇺyuh みゅ ㇷ
ㇺye みぇ
ㇺyer みぇ ㇿ
ㇺyeh みぇ ㇸ
ㇺyo みょ
ㇺyor みょ ㇿ
ㇺyoh みょ ㇹ
ㇽya りゃ
ㇽyar りゃ ㇻ
ㇽyah りゃ ㇵ
ㇽyi りぃ
ㇽyir りぃ ㇼ
ㇽyih りぃ ㇶ
ㇽyu りゅ
ㇽyur りゅ ㇽ
ㇽyuh りゅ ㇷ
ㇽye りぇ
ㇽyer りぇ ㇿ
ㇽyeh りぇ ㇸ
ㇽyo りょ
ㇽyor りょ ㇿ
ㇽyoh りょ ㇹ
n' ん
nn ん
n ん
a あ
ar あ ㇻ
ah あ ㇵ
i い
ir い ㇼ
ih い ㇶ
u う
ur う ㇽ
uh う ㇷ
wu う
wur う ㇽ
wuh う ㇷ
e え
er え ㇾ
eh え ㇸ
o お
or お ㇿ
oh お ㇹ
la ぁ
lar ぁ ㇻ
lah ぁ ㇵ
li ぃ
lir ぃ ㇼ
lih ぃ ㇶ
lu ぅ
lur ぅ ㇽ
luh ぅ ㇷ
le ぇ
ler ぇ ㇿ
leh ぇ ㇸ
lo ぉ
lor ぉ ㇿ
loh ぉ ㇹ
lyi ぃ
lyir ぃ ㇼ
lyih ぃ ㇶ
lye ぇ
lyer ぇ ㇿ
lyeh ぇ ㇸ
ye いぇ
yer いぇ ㇿ
yeh いぇ ㇸ
ㇰa か
ㇰar か ㇻ
ㇰah か ㇵ
ㇰi き
ㇰir き ㇼ
ㇰih き ㇶ
ㇰu く
ㇰur く ㇽ
ㇰuh く ㇷ
ㇰe け
ㇰer け ㇿ
ㇰeh け ㇸ
ㇰo こ
ㇰor こ ㇿ
ㇰoh こ ㇹ
lka ヵ
lkar ヵ ㇻ
lkah ヵ ㇵ
lke ヶ
lker ヶ ㇿ
lkeh ヶ ㇸ
ga が
gar が ㇻ
gah が ㇵ
gi ぎ
gir ぎ ㇼ
gih ぎ ㇶ
gu ぐ
gur ぐ ㇽ
guh ぐ ㇷ
ge げ
ger げ ㇿ
geh げ ㇸ
go ご
gor ご ㇿ
goh ご ㇹ
ㇲa さ
ㇲar さ ㇻ
ㇲah さ ㇵ
ㇲi し
ㇲir し ㇼ
ㇲih し ㇶ
ㇲu す
ㇲur す ㇽ
ㇲuh す ㇷ
ㇲe せ
ㇲer せ ㇿ
ㇲeh せ ㇸ
ㇲo そ
ㇲor そ ㇿ
ㇲoh そ ㇹ
ca か
car か ㇻ
cah か ㇵ
ci し
cir し ㇼ
cih し ㇶ
cu く
cur く ㇽ
cuh く ㇷ
ce せ
cer せ ㇿ
ceh せ ㇸ
co こ
cor こ ㇿ
coh こ ㇹ
qa くぁ
qar くぁ ㇻ
qah くぁ ㇵ
qi くぃ
qir くぃ ㇼ
qih くぃ ㇶ
qu く
qur く ㇽ
quh く ㇷ
qe くぇ
qer くぇ ㇿ
qeh くぇ ㇸ
qo くぉ
qor くぉ ㇿ
qoh くぉ ㇹ
ㇰwa くぁ
ㇰwar くぁ ㇻ
ㇰwah くぁ ㇵ
ㇰwi くぃ
ㇰwir くぃ ㇼ
ㇰwih くぃ ㇶ
ㇰwe くぇ
ㇰwer くぇ ㇿ
ㇰweh くぇ ㇸ
ㇰwo くぉ
ㇰwor くぉ ㇿ
ㇰwoh くぉ ㇹ
gwa ぐぁ
gwar ぐぁ ㇻ
gwah ぐぁ ㇵ
za ざ
zar ざ ㇻ
zah ざ ㇵ
zi じ
zir じ ㇼ
zih じ ㇶ
zu ず
zur ず ㇽ
zuh ず ㇷ
ze ぜ
zer ぜ ㇿ
zeh ぜ ㇸ
zo ぞ
zor ぞ ㇿ
zoh ぞ ㇹ
ja じゃ
jar じゃ ㇻ
jah じゃ ㇵ
ji じ
jir じ ㇼ
jih じ ㇶ
ju じゅ
jur じゅ ㇽ
juh じゅ ㇷ
je じぇ
jer じぇ ㇿ
jeh じぇ ㇸ
jo じょ
jor じょ ㇿ
joh じょ ㇹ
jya じゃ
jyar じゃ ㇻ
jyah じゃ ㇵ
jyi じぃ
jyir じぃ ㇼ
jyih じぃ ㇶ
jyu じゅ
jyur じゅ ㇽ
jyuh じゅ ㇷ
jye じぇ
jyer じぇ ㇿ
jyeh じぇ ㇸ
jyo じょ
jyor じょ ㇿ
jyoh じょ ㇹ
ㇳa た
ㇳar た ㇻ
ㇳah た ㇵ
ㇳi ち
ㇳir ち ㇼ
ㇳih ち ㇶ
ㇳu つ
ㇳur つ ㇽ
ㇳuh つ ㇷ
ㇳsu つ
ㇳsur つ ㇽ
ㇳsuh つ ㇷ
ㇳe て
ㇳer て ㇿ
ㇳeh て ㇸ
ㇳo と
ㇳor と ㇿ
ㇳoh と ㇹ
da だ
dar だ ㇻ
dah だ ㇵ
di ぢ
dir ぢ ㇼ
dih ぢ ㇶ
du づ
dur づ ㇽ
duh づ ㇷ
de で
der で ㇿ
deh で ㇸ
do ど
dor ど ㇿ
doh ど ㇹ
ltu っ
ltur っ ㇽ
ltuh っ ㇷ
ltsu っ
ltsur っ ㇽ
ltsuh っ ㇷ
na な
nar な ㇻ
nah な ㇵ
ni に
nir に ㇼ
nih に ㇶ
nu ぬ
nur ぬ ㇽ
nuh ぬ ㇷ
ne ね
ner ね ㇿ
neh ね ㇸ
no の
nor の ㇿ
noh の ㇹ
ㇷa は
ㇷar は ㇻ
ㇷah は ㇵ
ㇷi ひ
ㇷir ひ ㇼ
ㇷih ひ ㇶ
ㇷu ふ
ㇷur ふ ㇽ
ㇷuh ふ ㇷ
fu ふ
fur ふ ㇽ
fuh ふ ㇷ
ㇷe へ
ㇷer へ ㇿ
ㇷeh へ ㇸ
ㇷo ほ
ㇷor ほ ㇿ
ㇷoh ほ ㇹ
ba ば
bar ば ㇻ
bah ば ㇵ
bi び
bir び ㇼ
bih び ㇶ
bu ぶ
bur ぶ ㇽ
buh ぶ ㇷ
be べ
ber べ ㇿ
beh べ ㇸ
bo ぼ
bor ぼ ㇿ
boh ぼ ㇹ
pa ぱ
par ぱ ㇻ
pah ぱ ㇵ
pi ぴ
pir ぴ ㇼ
pih ぴ ㇶ
pu ぷ
pur ぷ ㇽ
puh ぷ ㇷ
pe ぺ
per ぺ ㇿ
peh ぺ ㇸ
po ぽ
por ぽ ㇿ
poh ぽ ㇹ
ㇺa ま
ㇺar ま ㇻ
ㇺah ま ㇵ
ㇺi み
ㇺir み ㇼ
ㇺih み ㇶ
ㇺu む
ㇺur む ㇽ
ㇺuh む ㇷ
ㇺe め
ㇺer め ㇿ
ㇺeh め ㇸ
ㇺo も
ㇺor も ㇿ
ㇺoh も ㇹ
lya ゃ
lyar ゃ ㇻ
lyah ゃ ㇵ
ya や
yar や ㇻ
yah や ㇵ
wyi ゐ
wyir ゐ ㇼ
wyih ゐ ㇶ
lyu ゅ
lyur ゅ ㇽ
lyuh ゅ ㇷ
yu ゆ
yur ゆ ㇽ
yuh ゆ ㇷ
wye ゑ
wyer ゑ ㇿ
wyeh ゑ ㇸ
lyo ょ
lyor ょ ㇿ
lyoh ょ ㇹ
yo よ
yor よ ㇿ
yoh よ ㇹ
ㇽa ら
ㇽar ら ㇻ
ㇽah ら ㇵ
ㇽi り
ㇽir り ㇼ
ㇽih り ㇶ
ㇽu る
ㇽur る ㇽ
ㇽuh る ㇷ
ㇽe れ
ㇽer れ ㇿ
ㇽeh れ ㇸ
ㇽo ろ
ㇽor ろ ㇿ
ㇽoh ろ ㇹ
lwa ゎ
lwar ゎ ㇻ
lwah ゎ ㇵ
wa わ
war わ ㇻ
wah わ ㇵ
wi うぃ
wir うぃ ㇼ
wih うぃ ㇶ
we うぇ
wer うぇ ㇿ
weh うぇ ㇸ
wo を
wor を ㇿ
woh を ㇹ
wha うぁ
whar うぁ ㇻ
whah うぁ ㇵ
whi うぃ
whir うぃ ㇼ
whih うぃ ㇶ
whu う
whur う ㇽ
whuh う ㇷ
whe うぇ
wher うぇ ㇿ
wheh うぇ ㇸ
who うぉ
whor うぉ ㇿ
whoh うぉ ㇹ
gha か゚
ghar か゚ ㇻ
ghah か゚ ㇵ
ghi き゚
ghir き゚ ㇼ
ghih き゚ ㇶ
ghu く゚
ghur く゚ ㇽ
ghuh く゚ ㇷ
ghe け゚
gher け゚ ㇿ
gheh け゚ ㇸ
gho こ゚
ghor こ゚ ㇿ
ghoh こ゚ ㇹ
gna か゚
gnar か゚ ㇻ
gnah か゚ ㇵ
gni き゚
gnir き゚ ㇼ
gnih き゚ ㇶ
gnu く゚
gnur く゚ ㇽ
gnuh く゚ ㇷ
gne け゚
gner け゚ ㇿ
gneh け゚ ㇸ
gno こ゚
gnor こ゚ ㇿ
gnoh こ゚ ㇹ
cye セ゚
ce セ゚
ㇳhe セ゚
tze セ゚
ㇳxu ツ゚
ㇳzu ツ゚
cu ツ゚
ㇳxo ト゚
ㇳzo ト゚
co ト゚
k ㇰ
ㇰx ㇰ
s ㇲ
ㇲx ㇲ
ㇲh ㇱ
ㇱx ㇱ
t ㇳ
ㇳx ㇳ
h ㇷ
ㇵx ㇵ
ㇶx ㇶ
ㇷx ㇷ
ㇸx ㇸ
ㇹx ㇹ
m ㇺ
ㇺx ㇺ
r ㇽ
ㇻx ㇻ
ㇼx ㇼ
ㇽx ㇽ
ㇾx ㇾ
ㇿx ㇿ
nx ㇴ
lku ㇰ
lsi ㇱ
lshi ㇱ
lsu ㇲ
lto ㇳ
lnu ㇴ
lha ㇵ
lhi ㇶ
lhu ㇷ
lfu ㇷ
lhe ㇸ
lho ㇹ
lmu ㇺ
lra ㇻ
lri ㇼ
lru ㇽ
lre ㇾ
lro ㇿ
lpu ㇷ゚
ㇻa ら
ㇻi り
ㇻu る
ㇻe れ
ㇻo ろ
ㇻr っ r
ㇼa ら
ㇼi り
ㇼu る
ㇼe れ
ㇼo ろ
ㇼr っ r
ㇽa ら
ㇽi り
ㇽu る
ㇽe れ
ㇽo ろ
ㇽr っ r
ㇾa ら
ㇾi り
ㇾu る
ㇾe れ
ㇾo ろ
ㇾr っ r
ㇿa ら
ㇿi り
ㇿu る
ㇿe れ
ㇿo ろ
ㇿr っ r
ㇵa は
ㇵi ひ
ㇵu ふ
ㇵe へ
ㇵo ほ
ㇵh っ h
ㇶa は
ㇶi ひ
ㇶu ふ
ㇶe へ
ㇶo ほ
ㇶh っ h
ㇷa は
ㇷi ひ
ㇷu ふ
ㇷe へ
ㇷo ほ
ㇷh っ h
ㇸa は
ㇸi ひ
ㇸu ふ
ㇸe へ
ㇸo ほ
ㇸh っ h
ㇹa は
ㇹi ひ
ㇹu ふ
ㇹe へ
ㇹo ほ
ㇹh っ h
xa α x
xb β x
xg γ x
xd δ x
xe ε x
xz ζ x
xh η x
xq θ x
xi ι x
xk κ x
xl λ x
xm μ x
xn ν x
xx ξ x
xo ο x
xp π x
xr ρ x
xs σ x
xt τ x
xu υ x
xf φ x
xc χ x
xy ψ x
xw ω x
xv ς x
登録方法は、まずこの文字列をコピペして任意の名前で保存する。
そしてGoogle日本語入力のツールバーから「ツール」の「プロパティ」から「ローマ字テーブル」の「編集」を選び、「編集」の「インポート」で先ほど保存したファイルを読み込むことが出来る。
アイヌ語を日常的に打ってるぜという方がもしいたら、是非試していただきたい。

これで、以前書いたローマ字入力はほぼ実現している。
入力可能な文字は「か゚行」「セ゚ツ゚ト゚」「ㇰㇲㇱ…」で、語末の子音R,Hを母音に合わせてㇻㇼㇽㇾㇿㇵㇶㇷㇸㇹに振り分けるのも実現した。促音もそれなりに。
ただし、この変換には重大な欠点がある。文字の確定がワンテンポ遅れることだ。
例えばなにか文字を打つと普通なら


なn
なに
なにk
なにか
なにかm
なにかも
なにかもj
なにかもじ
こうなるが、これは、

na
なn
なni
なにㇰ
なにㇰa
なにかㇺ
なにかㇺo
なにかもj
なにかもji
こうなる。
語末の子音を母音に合わせて振り分けるために、普通に子音母音を打った時点では未確定扱いにするしかなかった。
なので常に最後の文字は未確定のまま残るが、語尾の「ん」が「N」1回では確定しないのと同じ事で、常に変換をするようにしていれば一応入力はできる。
とはいうもののさすがに使いづらい。
また実はこれだとF9・10での英字変換がおかしな挙動を示す。
例えば「TABLE」と打って「たble」と表示された状態でF10を押すと「taㇳabl」となる。途中の「ㇳ」が残って、「a」が重複し、最後の「e」が消える。
バージョンによっても変わると思うので一応書いておくと現在のバージョンはGoogleJapaneseInput-0.10.288.0である。
まあこんな使い方するやつは滅多にいないだろうからこの程度のバグはしょうがないかなとも思うが、一応直して欲しいものだ。(余談だが10を壱捨に変換するの直らないなあ…5/20追記: 直ってた@GoogleJapaneseInput-0.11.326.100。なにもしかして自分が書いたから直っちゃった?)

-----

とまあ色々問題もあるので、語尾の子音は諦めたものも作った。常用するならこちらの方がよいだろう。
-	ー
~ 〜
. 。
, 、
z/ ・
z. …
z, ‥
zh ←
zj ↓
zk ↑
zl →
z- 〜
z[ 『
z] 』
[ 「
] 」
va ゔぁ
vi ゔぃ
vu ゔ
ve ゔぇ
vo ゔぉ
vya ゔゃ
vyi ゔぃ
vyu ゔゅ
vye ゔぇ
vyo ゔょ
qq っ q
vv っ v
ll っ l
xx っ x
kk っ k
gg っ g
ss っ s
zz っ z
jj っ j
tt っ t
dd っ d
hh っ h
ff っ f
bb っ b
pp っ p
mm っ m
yy っ y
rr っ r
wwa っわ
wwi っうぃ
wwu っう
wwe っうぇ
wwo っを
wwyi っゐ
wwye っゑ
wwha っうぁ
wwhi っうぃ
wwhu っう
wwhe っうぇ
wwho っうぉ
cc っ c
kya きゃ
kyi きぃ
kyu きゅ
kye きぇ
kyo きょ
gya ぎゃ
gyi ぎぃ
gyu ぎゅ
gye ぎぇ
gyo ぎょ
sya しゃ
syi しぃ
syu しゅ
sye しぇ
syo しょ
sha しゃ
shi し
shu しゅ
she しぇ
sho しょ
zya じゃ
zyi じぃ
zyu じゅ
zye じぇ
zyo じょ
tya ちゃ
tyi ちぃ
tyu ちゅ
tye ちぇ
tyo ちょ
cha ちゃ
chi ち
chu ちゅ
che ちぇ
cho ちょ
cya ちゃ
cyi ちぃ
cyu ちゅ
cye ちぇ
cyo ちょ
dya ぢゃ
dyi ぢぃ
dyu ぢゅ
dye ぢぇ
dyo ぢょ
tsa つぁ
tsi つぃ
tse つぇ
tso つぉ
tha てゃ
thi てぃ
t'i てぃ
thu てゅ
the てぇ
tho てょ
t'yu てゅ
dha でゃ
dhi でぃ
d'i でぃ
dhu でゅ
dhe でぇ
dho でょ
d'yu でゅ
twa とぁ
twi とぃ
twu とぅ
twe とぇ
two とぉ
t'u とぅ
dwa どぁ
dwi どぃ
dwu どぅ
dwe どぇ
dwo どぉ
d'u どぅ
nya にゃ
nyi にぃ
nyu にゅ
nye にぇ
nyo にょ
ny んy
hya ひゃ
hyi ひぃ
hyu ひゅ
hye ひぇ
hyo ひょ
bya びゃ
byi びぃ
byu びゅ
bye びぇ
byo びょ
pya ぴゃ
pyi ぴぃ
pyu ぴゅ
pye ぴぇ
pyo ぴょ
fa ふぁ
fi ふぃ
fu ふ
fe ふぇ
fo ふぉ
fya ふゃ
fyu ふゅ
fyo ふょ
hwa ふぁ
hwi ふぃ
hwe ふぇ
hwo ふぉ
hwyu ふゅ
mya みゃ
myi みぃ
myu みゅ
mye みぇ
myo みょ
rya りゃ
ryi りぃ
ryu りゅ
rye りぇ
ryo りょ
n' ん
nn ん
n ん
xn ん
a あ
i い
u う
wu う
e え
o お
xa ぁ
xi ぃ
xu ぅ
xe ぇ
xo ぉ
la ぁ
li ぃ
lu ぅ
le ぇ
lo ぉ
lyi ぃ
xyi ぃ
lye ぇ
xye ぇ
ye いぇ
ka か
ki き
ku く
ke け
ko こ
xka ヵ
xke ヶ
lka ヵ
lke ヶ
ga が
gi ぎ
gu ぐ
ge げ
go ご
sa さ
si し
su す
se せ
so そ
ca か
ci し
cu く
ce せ
co こ
qa くぁ
qi くぃ
qu く
qe くぇ
qo くぉ
kwa くぁ
kwi くぃ
kwe くぇ
kwo くぉ
gwa ぐぁ
za ざ
zi じ
zu ず
ze ぜ
zo ぞ
ja じゃ
ji じ
ju じゅ
je じぇ
jo じょ
jya じゃ
jyi じぃ
jyu じゅ
jye じぇ
jyo じょ
ta た
ti ち
tu つ
tsu つ
te て
to と
da だ
di ぢ
du づ
de で
do ど
xtu っ
xtsu っ
ltu っ
ltsu っ
na な
ni に
nu ぬ
ne ね
no の
ha は
hi ひ
hu ふ
fu ふ
he へ
ho ほ
ba ば
bi び
bu ぶ
be べ
bo ぼ
pa ぱ
pi ぴ
pu ぷ
pe ぺ
po ぽ
ma ま
mi み
mu む
me め
mo も
xya ゃ
lya ゃ
ya や
wyi ゐ
xyu ゅ
lyu ゅ
yu ゆ
wye ゑ
xyo ょ
lyo ょ
yo よ
ra ら
ri り
ru る
re れ
ro ろ
xwa ゎ
lwa ゎ
wa わ
wi うぃ
we うぇ
wo を
wha うぁ
whi うぃ
whu う
whe うぇ
who うぉ
gha か゚
ghi き゚
ghu く゚
ghe け゚
gho こ゚
gna か゚
gni き゚
gnu く゚
gne け゚
gno こ゚
cye セ゚
ce セ゚
the セ゚
tze セ゚
txu ツ゚
tzu ツ゚
cu ツ゚
txo ト゚
tzo ト゚
co ト゚
nx ㇴ
lku ㇰ
lsi ㇱ
lshi ㇱ
lsu ㇲ
lto ㇳ
lnu ㇴ
lha ㇵ
lhi ㇶ
lhu ㇷ
lfu ㇷ
lhe ㇸ
lho ㇹ
lmu ㇺ
lra ㇻ
lri ㇼ
lru ㇽ
lre ㇾ
lro ㇿ
lpu ㇷ゚
xa α x
xb β x
xg γ x
xd δ x
xe ε x
xz ζ x
xh η x
xq θ x
xi ι x
xk κ x
xl λ x
xm μ x
xn ν x
xx ξ x
xo ο x
xp π x
xr ρ x
xs σ x
xt τ x
xu υ x
xf φ x
xc χ x
xy ψ x
xw ω x
xv ς x


なおおまけ機能としてXを前置することでギリシャ小文字を入力できるようにした。
文字の対応はsymbolフォントに倣った。「ς」は「xv」で。
例えば「XAQHNA」と入力すると「αθηναx」となる。最後に「x」が残るが仕様である。

-----
(5/1追記)
ハングル入力を作った方がいらっしゃいました。
daily gimite [googleime] [hangul] Google日本語入力でハングルを入力
残念ながらテーブルエントリー数の上限(1万らしい)のせいで実用的なものにはなっていないが、原理的には可能なようなので上限アップor撤廃を願いたいものである。


  • Post time : 2010年04月29日 18:25│Comments(0)
    この記事へのトラックバック
    工藤さんのTwitter経由でGoogle日本語入力でアイヌ語入力という記事を見つけて、面白そうだったのでハングル版を作ってみました。はじめに言っておくと、いくつかの意味であまり実用的で...
    [googleime] [hangul] Google日本語入力でハングルを入力【daily gimite】at 2010年05月01日 11:54
    URL欄を実験的に消してる間に廃止されてしまいました。まあいいか。
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    Google日本語入力でアイヌ語入力
      コメント(0)