たまりば

  パソコン・インターネット パソコン・インターネット  三鷹市 三鷹市

新しいGoogle翻訳は日本語からドイツ語に翻訳が出来る(場合がある)
2016年11月17日 00:17

Google翻訳がニューラルネットワークを使用した新しい翻訳システムを導入したというのでちょっとしたテストをしてみた。これがとても興味深い結果だった。
なんと新しいGoogle翻訳は日本語からドイツ語に翻訳が出来るのだ。
今までも出来ていたって?
そうではない。今まで、中・韓・英以外言語と日本語との間の機械翻訳は「日↔英」と「英↔X」の2段階の翻訳であった。
Google翻訳だけでなく、ExciteもYahooもInfoseekもそうだった。おそらく今まで実用的な翻訳機は存在していなかったと思う。
そのぼやきと、同綴異義語を使ったテスト方法については2年ほど前にブログに書いたので読んでもらいたい。→Yahoo翻訳が残念だ ~ついでに機械翻訳考~

それが今回同綴異義語テストを試してみると、日本語からドイツ語への直接翻訳が出来ることもあるという結果が出た。
まず英訳して同一の文章に翻訳されることを確認。
Google翻訳_英語同綴異義語テスト_英語
続いてドイツ語に翻訳してみると、以下の通り。
Google翻訳_英語同綴異義語テスト_ドイツ語
蝙蝠/バットを正しく翻訳できている。これは間に英語を挟んでいてはまず不可能なので、直接翻訳していることを強く示唆する。
一方で、鱗/秤と軽い/光は訳し分けられず、お辞儀/弓に至っては真逆に訳している(Bogen: 弓、Verbeugung:お辞儀)。これは非常に興味深い。
この誤訳は間に英語が介在していない限りありえない誤訳である。それでいて英語に訳してしまっては失われる違いを残している。
中で何が起こっているのだろう。日本語からドイツ語へ直接通じるネットワークもあり、途中に英語を介して通じるネットワークもあるといったところだろうか。
最近のWebサービスは日を追うごとに変化していってしまうのでこの不思議な状態になっている期間も長くないだろう。今のうちに色々試してみると面白いと思う。

なおドイツ語で試したが他の言語でも同様だと思う。単にドイツ語が英語以外の欧米語の中で一番私が理解しやすい気がするからテスト対象に選んだだけである。  

  • Windows7でのペイントの劣化具合
    2015年04月15日 23:11

    Windows標準搭載の「ペイント」は素晴らしいソフトだったが、Windows7でリボンUIになった時に数々の改悪で使いものにならないソフトに成り下がってしまった。
    Windows8(.1)でも変わらず使えないままなのを見るに、もうマイクロソフトにはまともなソフトを作る能力が無いのだろう。悲しいことだ。
    ところで、電卓もそうだが、不思議なことにこんな酷い改悪をなされバグも多数あるというのにこれを褒める記事が目につく。使いもせずに見た目だけで判断して記事を書いているのだろう。

    仕方ないので、XPのペイントを愛用していた自分が、Windows7からのペイントがどれほど酷いものかを説明しよう。
    挙動はWindows8.1で確認しながら書いているが、Windows7でもだいたい確認した。

    ・明確なバグ
    選択領域を90度回転すると90度回転した領域とのAND部分のみしか残らない
     これは8(.1?)で修正済
     …かと思っていたが先日1回起こった。再現できていないので分からないが微妙な条件があるのだろう。 15/08/28追加
    インデックスカラーの画像からコピーして新規画像にペーストすると色が変わる場合がある
    コピー・ペーストすると同色でも塗りつぶし時に別扱いになる領域が出来る場合がある
    インデックスカラーの画像は等倍表示で正常に表示されない
    2倍拡大時にクリック位置がずれる
    Shift+鉛筆での90度移動が横のみしか効かない
     と思っていたが試したところごく稀に縦も出るようだ。数%の確率で。
     また、XPで試していたところ実は45度単位だったことが判明した。90度と違って狙って出せないのであまり意味が無い。
    画像がモノクロの時、白で塗ろうとすると黒が塗られる。 15/08/28追加
    ウィンドウに収まらない画像を用意し、端までスクロールし、右・下・右下の点をドラッグして縮めようとすると、ドラッグ終了地点よりも多くカットされる。16/06/06追加

    ・機能の低下
    マウスチルトでの横スクロールができない
    拡大率の最大が10倍から8倍に
     なおXPでの10倍は8倍の下の1pxをクリックするという隠しコマンド。
    消しゴムやペンのサイズに上限がある
     XPにもあるかもしれないが、少なくとも半径1920pxくらいまで確認できたので、少なくとも「わざわざ付けている」制限は無いだろう。
     なぜ高解像度ディスプレイが流行りだした時にわざわざ制限するのか理解に苦しむ。
    背景色を右クリックで選択できない
     背景色をクリック、目的の色をクリック、(そのままだと色々と面倒なので前景色をクリック) の2(or3)クリックに。
    図形ツール(四角・楕円)を使うのが面倒
     ~Vista:
     線ツール、線の太さ、目的のツール、線と塗りの種類 の計4クリック。
     線幅が1pxでよい、または塗りつぶした図形を書く場合は線幅の選択が要らず、2クリックで済む。
     7~:
     全て選択する場合は
     図形の四角、[輪郭]、輪郭の種類、[塗りつぶし]、塗りつぶしの種類、[線の幅]、線の幅 の計7クリックが必要。
     なおデフォルトの線幅が5pxと使いづらい幅なので線幅選択は必須。
    線ツールと他の図形ツールで色オプションが共有
     例えば四角ツールを線なし・塗りありで使った場合、線ツールで線なしという無意味な設定になっている。
     旧ペイントではこのような無意味な設定はできない。
    手書きの線がマウスを離した時点で確定されるようになった
     マウスを離さずドット単位で塗っていた場合、確定された時点で形にずれが生じる。
    Ctrl+クリックでの3色目の廃止
     まあこれはたぶんGIFの透明色用で3色目として使うことを想定していなかっただろうし別に使ってなかったのでまあ許す。
    キャンバスサイズの変更が(メニューから)できない 15/08/28追加
     画像をきっかりのサイズに合わせたい時は、縁の点をドラッグでなく、数値でサイズを入力できるのが便利だろう。
     (自分はそれでもなんだかんだで縁の点のドラッグで1px単位まで合わせてしまうので今まで気づかなかった)
     なお、メニューからは辿りつけないがCtrl+Eのショートカットは変わらず使える。

    ・改良のつもりであろう改悪または無意味
    図形が多数
     …っていうほど多くもないしレパートリーが微妙でいまいち使い勝手が良くない。
     だいたい6角形をShiftで縦横比固定したら正6角形になると思うじゃん。
     またサイズによって線の太さが変わったり1ドットのずれができるというバグがあり、見栄えを気にするなら使いものにならない。
    ブラシが多数
     アンチエイリアスのないブラシは鉛筆のみに。
     四角のブラシが無くなった。四角を描くのに便利だったのに。
    選択領域などのハンドルの判定が大きく
     細かい作業ができず不便。
    各種図形ツールがドラッグ終了後にも位置をいじれるように
     このせいで線ツールで線を続けて引くことができなくなった。
     一番必要だったベジエ曲線はいじれない。
    トリミング機能 15/08/28追加
     キャンバスサイズの変更の代わりに入ったのだろうか。
     改良点とちょっと迷ったがこっちで。選択範囲が作ってからサイズ調整できたらまだ使えたんだけどね。
     「全選択からドラッグして左上を合わせ、右下の点をつまんでサイズを合わせる」の方が便利。

    ・(数少ない)改良点
    Ctrl+ホイールで表示倍率が変更でき、縮小もできる
    アンドゥ回数増加
    文字入力機能の拡充
     とくに拡大表示中でも文字入力ができるのが便利。
    保存形式のデフォルトがpngに
     とはいえjpgが好きな人にとっては改悪。選択式にすればよいものを。